春夏秋冬の野菜~旬の野菜をご紹介します!~

冬の野菜

冬に旬を迎える野菜には、保存がきく野菜が多いです。根菜が多いのも特徴です。その中でも、大根は冬の野菜の代表格です。1年中、スーパーで売られていますが、冬に収穫される大根は、甘みが強いのが特徴です。大根は、ずっしりと重くて、太くまっすぐなものがおすすめです。半分に切られて売られている場合には、切り口に筋がないかも確認すると良いでしょう。

葉が付いている場合には、細かく刻んで炒めたり、味噌汁の具にしたりして、活用することができます。大根は、部位により味がだいぶ変わりますので、用途に応じて使用する部位を選ぶと良いでしょう。葉に近い上の方は甘みが強く、生食でも食べやすいので、大根おろしやサラダにするのがおすすめです。それとは逆に下の方は辛味が強いため、煮物やみそ汁の具など、火を通して食べる料理に活用すると良いでしょう。

また、白菜も同じように冬に旬を迎える野菜です。外側と内側で、食感や用途が変わります。ずっしりと重い物を選ぶのがポイントで、柔らかい内側の葉は、サラダなどの生食用。大きな外側の葉は、葉の大きさを利用して葉を巻いた料理や鍋ものなどに利用すると良いでしょう。同じ冬の旬であるネギと一緒に、冬の料理メニューとして人気のある鍋物料理に使われることが多いのも特徴です。