春夏秋冬の野菜~旬の野菜をご紹介します!~

旬野菜の魅力

日本は、春夏秋冬の季節の特徴が顕著であり、その季節の移り変わりにより、様々な野菜の栽培が可能になっています。それは、単にたくさんの種類の野菜を栽培していることではなく、季節ごとに栽培される野菜に変化があるということに特徴があります。季節を感じる四季折々の料理は、この野菜のように旬を迎える食材があることで成り立っているのではないでしょうか。そこで今回は、季節ごとの野菜の旬についてご紹介します。

春は、植物が芽を出す時期です。柔らかな色合いや優しい食感の野菜が旬を迎えます。例えば、春キャベツやタケノコ、タラの芽などの山菜です。タケノコは、竹から出てくる若芽をいただくものですし、タラの芽などの山菜も春になって顔を出した芽を摘んで食べるといった、春にしかない特徴を持っています。そのような点から、特に春野菜には、芽吹きの力が野菜にこめられていて、栄養価が高い物が多いのが特徴です。

また夏には、野菜の力強さが感じられます。夏のキャベツでは、春キャベツよりも葉がシャキッとするのが見られます。柔らかな葉から、夏の日差しを受けた張りの良いキャベツへと変化していくのを感じ取ることで、野菜の旬を身近に感じるのではないでしょうか。秋や冬にもそれぞれの特徴があり、根菜なども収穫時期を迎えるようになります。野菜それぞれの個性を理解して、旬の時期に最適な料理を作って美味しく野菜を食べていきたいものですね。

〇管理人のおすすめサイト〇
季節ごとに旬の野菜を食べることができるのは、日本ならではの楽しみ方とも言えます。スーパーで野菜を買うのも良いですが、旬を楽しむのであれば野菜の取り寄せをしてみてはいかがでしょうか。産地直送で新鮮な野菜が手軽に手に入ります > 野菜 取り寄せ